NEWS&TOPICS


2021.07.05

【災害対策・卒FIT】エコワンソーラーってなに?④

エコワンソーラーを導入すると、大幅に光熱費が下がります。

<< エコワンソーラーってなに?③

 

月々10,000円の削減、なんてご家庭や事業所もこれから続々と出てきます。

※くどいようですが、「絶対こうなりますよ」という意味ではありません。各世帯や事業所に携わる方々の構成、年齢、使用方法により結果は異なります。

 

給湯にかかわる光熱費だけで年間120,000円の削減、はとても大きいものですが、

これはエコワンソーラーを導入した結果得られるメリットであって、本当の目的ではありません。

 

例えば、、、①

太陽光発電を設置し売電したお金は、総括原価方式の為、すべて購入する電気代に跳ね返ってきます。

つまり、いま売電している皆さんが売電をやめ、電気を作ったその場で消費する最も効率の良い電力供給方式「ポイントオブロード」を実現すれば、現在の金額では年間10,000円強電気代は下がります(一般家庭において)。

 

例えば、、、②

皆さんの周りで500軒に1軒、エコワンソーラーが導入されれば、原発一基分の電力を「ポイントオブロード」によって賄いますので、電気代が下がります。

それが、500軒に2軒、3軒と増えれば尚更です。

遠くの発電所から送られてくる電力会社の系統電力は、排熱・送電ロスによって約63%失い約37%しかご家庭に届いていません。

その送配電の無駄なロスがなくなります。

 

例えば、、、③

現在ほぼ100%海外からの輸入に頼っているエネルギー資源。その輸入コストも電気代に反映されていきます。

輸入に頼るということは、乱暴な言葉を使えば「誰かから奪ってくる」ということです。

 

例えば、、、④

将来的に、エネルギー資源が理由で起こる戦争もなくなれば、防衛費も下がり、税金も下がります。

 

これらは理想論でしょうか?

それともどこかの誰かがやってくれる、のでしょうか?まさか政治家が、でしょうか?

 

いつも時代も、景気が良い時も悪い時も、各メーカーが宣伝広告費に巨額を投じたとしても、

最終的にその製品や時間に投資するのは「消費者」です。

消費者の選択の結果、今があります。

 

では、これから先の未来を考えたときに、

選択肢の中にエコワンソーラーがあると、どのような未来が描けるでしょうか?

 

「給湯器から未来は変わる」

エコワンソーラーの本当の目的は、消費者が主役となり、未来を創造していくことです。

 

次回、そのエコワンソーラーを開発した「慧通信技術工業株式会社」について触れていきます。

 

お問い合わせはこちらまで・・・

【エコワンソーラー愛知・岐阜・三重・静岡(中部電力管内) 正規販売店】

株式会社Re

0533-56-7200

info@re-energy.co.jp または お問い合わせページ まで

お問い合わせ